美し松山荘 Ⅱ

美し松山荘の増築棟です。新たに居間を一部屋増築しました。もちろん母屋と同じカラマツ板倉の家です。増築用の敷地は、水平な土地がありませんでした。造成して平らな土地を造ることはよく行われていますが、造成費がかかります。また、特に盛土の造成は地盤として不安定ですし、景観上も不自然です。建物を建てる敷地は、自然のまま、あるがままの状態が、安定していて景観的にも好ましいはずです。そこで、この板倉の家は自然の土地形態をなるべく残し、建物の基礎の工夫で斜面に対応させています。建物は母屋の子供のような形態として、仲良く並んで建っています。

037

母屋からの渡り廊下:狭い斜面につくるため、太いコンクリートのピア(1本柱)の基礎に鉄骨架台をのせ、その上に木造の渡り廊下を造っています。敷地の自然地形を乱さない最小限の基礎となっています。母屋の屋根の雪がスムースに落ちるよう片流れの屋根とし、母屋の部屋の採光を妨げないよう、大きな窓を付けています。

 

 

 

 

 

DSCN0196

建物内部は、もちろん板倉づくり。無垢のカラマツ厚板と漆喰による自然素材のみの家です。

 

 

 

 

 

DSCN0197

骨組は、母屋と同じ木造伝統構法。太い梁組で丈夫な架構を造っています。天井は張らず構造体を隠さない建築です。吹抜けのような空間となるため、やはり母屋と同じ、電動ファンによる簡易床暖房となっています。

 

 

 

 

019

022

上写真:天井付近の暖気を吸込むダクトとファン。これで床下全面に暖かい空気を吹き込みます。

下写真:窓のコールドドラフトを防止する床スリット。床下の暖気は最後に集められ、テラス窓の前の床スリットから吹き出します。

 

 

 

 

 

 

016

間接照明:一部屋だけの増築で、部屋の形が単純であるので照明光の分布がコントロールしやすい建物です。そこで部屋全体に調光可能な間接照明を付け、いろいろな雰囲気を演出できるようにしています。骨組みを表したインテリアでも、このように間接照明を付けることが可能です。

 

 

 

 

DSCN0189

部屋は大黒柱を中心としたシンプルな正方形平面ですが、各コーナーを家具で雰囲気作りをしています。丈夫で手を入れやすく、安全な板倉の家は、みなさん暮らしのベースにふさわしい建築です。

 

 


作品集

  • 68080001

    滋野の舎

  • maingraphic_mori

    森の板倉

  • maingraphic_sanada

    真田の家

  • w_01

    片丘の家

  • MS_20121202_006

    MSガーデンハウス

  • 80480005

    農のある暮らしの舎

  • piece_shiono_02

    塩野の家

  • 20140522_morooka_001

    古町の家

  • w_04

    原村の家

  • 20140522_sato003

    四賀村の家

  • IMG_1010

    美し松山荘

  • web_tojo004

    篠ノ井の家

  • 110823-0001

    青木村の家

  • 20090806-019

    別所の家

  • 034-1

    美し松山荘 Ⅱ

  • IMG_4979

    緑が丘の家

  • DSCN2681

    力石の家